取得できる資格

教員免許

文芸学部は、教職課程を開設しています。教員免許を取得するには、教育職員免許法に基づいて、必要な単位を修得しなければなりません。卒業生の中には、中学校や高校の教員が多数います。

教員免許が取ることができるのは、国文学科、英文学科、文化史学科、ヨーロッパ文化学科の4つの学科です。教職課程に設置されている科目を修得することにより、中学校1種免許および高等学校1種免許を取得できます。

取得できる教員免許

  中学校1種免許 高等学校1種免許
国文学科 国語 国語
英文学科 英語 英語
文化史学科 社会 地理歴史
公民
ヨーロッパ文化学科 ドイツ語
フランス語
ドイツ語
フランス語

教員免許取得に必要な主な科目

【教職に関する科目】

「教職に関する科目」は、教員として必要な知識を学ぶものです。「教育原論」「教育方法学」「特別活動の研究」「教育心理学」「青年心理学」「教育史」「総合演習」「教師論」「道徳教育の研究」「生徒指導の研究」「教科教育法」「教育実習」があります。

【教科に関する科目】

「教科に関する科目」として、次のような科目が設置されています。「日本史概説」「外国史概説」「人文地理学」「地理学講義」「地誌学」「憲法」「民法」「哲学講義」「倫理学講義」「宗教学講義」「哲学史特殊講義」「書道」など。

授業紹介

総合演習(担当 岩田一正准教授)

教職に関する科目の一つであるこの授業では,現代の社会や教育に関わるテーマ、また受講生自身の現在の/未来の生活にかかわるテーマ、さらに受講生が知っているようで実はあまり知らないテーマについて、受講生の理解を深め,その視野を広げることを課題として演習に取り組みます。例として昨年度のテーマを挙げると,家族、ジェンダーでした。

この授業で受講生は、グループで協働学習しながらテーマにアプローチすることになります。その経験を通じて、グループ学習を自らがデザインする場合に配慮すべき点を学んでもらえればと思っています。

成城大学出身の中学教諭からのメッセージ

宇野明信さん

自由と命の大切さ、人との距離感 成城で得たことを教え子に伝えたい

宇野明信さん
2002年3月 国文学科卒業
関東学院六浦中学校・高等学校教員

江戸っ子だからでしょうか、以前から江戸の文学や文化について興味があり、国文学科を志望しました。文芸学部では、国語教員をめざすと同時にワンダーフォーゲル部に所属。そこで鍛えられたことが、現在の教職に役だっていると思います、山を登ることは命がけの行為。実際に危険な目にも逢いましたし、必至で生きようとした瞬間も体験しました。命の大切さを実感し、今こそ子供たちにそれを教えなければと感じています。

ひとくちに教育といっても実に幅広い。教室という現場では教科書をなぞえればいいというものではありません、生徒との距離感や接し方のもとになっているのは、学生時代に私自身が感じたものです。成城大学は「自由」という言葉がぴたりと合う大学、自分がやりたいと思ったことをのびのびやれる場所。現在、中学生のクラスを受け持つ中で、私は一人ひとりいいところを見つけてほめてあげたいと思っています、生徒は喜んでやる気を起こします。子供たちをしっかり見るためには、自分の気持ちを常にニュートラルにしていなければなりません。成城大学の自由な環境と部活の厳しい体験があったからこそ、このやり方が得られたと思っています。

page top