取得できる資格

博物館学芸員

学芸員とは、「博物館」に勤務し、博物館資料の収集や保管・展示、および調査研究、さらにはそれらに関連する事業を担当する専門職員のことです。「博物館」には、博物館と名のる施設のほかに、美術館や科学館、動物園、水族館、郷土資料館、文学館、民俗館等々が含まれ、我が国の学術や文化の向上発展にも重要な役割を果たしています。

学芸員として勤務するためには学芸員資格が必要です。この資格は、大学における学芸員養成課程を履修して取得する方法が一般的です。成城大学文芸学部では、正規の授業を受講しながら、他に必要な単位を修得すれば学芸員資格が取得出来るように、博物館学芸員課程を設置しています。

博物館学芸員取得に必要な主な科目

学芸員資格取得の必修科目は、「生涯学習概論」「博物館概論」「博物館学各論」「博物館実習」「視聴覚教育メディア論」「教育原論」などですが、さらに、文化史・美術史・考古学・民俗学からなる系列を選択することにより、各分野の知識を専門的に修得します。

授業紹介

博物館実習Ⅱ(民俗学) 担当 小島 孝夫教授

学外実習を中心とした実習を行っています。

前期は、見学実習などにより博物館における学芸業務の基本事項について学び、さらに民俗担当学芸員が身につけなければならない民俗資料の取り扱い方について実習を行います。具体的には、民俗資料のクリーニングや梱包、民俗資料に関する記録作成(調査カード作成・写真撮影・実測図作成)などを行います。これらの作業により、夏季休暇中に現地で実施する体系的な学外実習にむけての心構えや基礎的な技能の習得をめざします。

夏季休暇中の学外実習は4泊程度の合宿形式で実施しています。現在まで千葉県香取郡下総町立歴史民俗資料館(現:成田市下総歴史民俗資料館)、千葉県長生郡長南町郷土資料館、山梨県南都留郡鳴沢村、東京都御蔵島村などで、当該教育委員会と実習に参加する教員・学生が協力しながら、民俗資料の整理作業、民家調査、絵馬の悉皆調査などを実施してきました。それらの成果の一環として、報告書『山梨県南都留郡鳴沢村の民家』・展示図録『下総町の絵馬』が刊行されています。

こうした学外実習の狙いは、学芸員を目指す学生諸君に現場での具体的な作業を実際に体験してもらうことにより、博物館における実務や地域社会における文化財行政の実態について理解を深めてもらうことと併せて、人手不足などのために民俗資料の収集・整理や保存・管理に腐心している施設や機関に実習場所を提供していただくことで、民俗資料に関する業務の補助作業をさせていただくことにあります。

実習生を受け入れていただく施設や機関にとっても有意義な実習であり、実習に参加した学生諸君にとっても博物館業務や文化財行政の実態を体感することができると考えられるからです。2008年度からは山梨県甲州市勝沼町で「勝沼のぶどう栽培用具及び葡萄酒醸造用具」の整理作業を実施しています。

page top