文学研究科

文学研究科が目指す姿

自分の世界を築き、志を持つ人を育てる

ミッション

高度にして専門的な人文・社会科学の理論とその応用とを研究し、それらの深奥を究めるとともに、人間の尊厳を自覚した社会人として、文化の進展と人類の福祉とに寄与すべき人材を育成し、現代および未来社会に貢献します。

ビジョン

  • 教育・指導

    学問の新たな地平を切り拓く優れた研究者であり、かつ、学生に対して、その進んだ学術研究の成果を、豊富に提示、提供し、学生各人の資質に適切に対応した教育・指導を行うことのできる、優秀な教授陣を布置します。

  • 交流・連携

    多様な専門科目を開設して、学生に幅広い選択の余地を与え、その主体的な研究を促すに止まらず、他研究科、他大学院との交流や連携に基づく単位互換制度等を整え、専攻横断的な学びを保証することにより、幅広い関心を持って研究に従事できる環境を整えます。

  • 独自性

    少人数教育の利点を最大限に活かし、個別的な指導を重視した、学生一人ひとりのニーズに充分かつ綿密に応えうる懇切丁寧な教育・指導を行い、各人の研究における潜在能力を有効に引き出し、学界はもとより広く社会においても価値ある独自な研究を展開できる力を身に付けられるようにします。

  • グローバル

    専門的な語学的知識に止まらず、グローバル化した国際関係の中で、自らの研究を練磨し、また、獲得した幅広い高度な教養を国際的に発信できるよう、語学的能力を高めさせるために、海外の大学との学術交流を一層充実化し、在学中の留学等に対する便宜を提供します。

  • 社会に貢献

    高度な研究の達成による成果を「紀要」等により、広く学界に対して発信するのみでなく、幅広い関心と現代社会への鋭い問題意識を抱き、専門的知識を持った職業人まで、社会に貢献できる人材を育成し、社会の要請に応えます。

第2世紀の成城教育

  • あらゆるコミュニケーションの重視

    ○さまざまな交流と発信、あらゆる種類のコミュニケーションを重要視する。

  • 研究・教育職への道をさらに充実する

    ○大学や高校・中学の教員、美術館・博物館の学芸員などへの道をさらに整備充実する。

  • 専門研究への探究心をしっかりと受け止める

    ○学部の勉強を深めたい、究極の生涯学習として大学院で学びたいという心を大切にする。

文学研究科の人材育成の目的と3つの方針

人材育成の目的

文学研究科の教育研究は、幅広い教養と柔軟な思考力をもって現代の諸課題を解決し、社会貢献に積極的な人材の養成を目ざすとともに、博士課程前期においては、各専攻における研究能力または高度な専門性を要する職業に必要な能力を養い、博士課程後期においては、各専攻において研究者として独自の学問領域を開拓推進しうる能力、または高度に専門的な職業に従事しうる能力を養うことを目的とする。

課程の修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

次の条件を満たした者には、当該課程を修了したことを認める。

1.博士課程前期:修士(文学)

  • (1)当該分野において自律的に研究活動を展開できる能力を有していること。

  • (2)自らの知見を他者に客観的かつ説得的に伝達するための理論構築と表現方法を身につけていること。

  • (3)教育機関、文化行政機関、研究機関、その他専門知識を必要とする諸方面において、自らの学問的営為や成果を踏まえて、適切な活動を展開する能力を身につけていること。

2.博士課程後期:博士(文学)

修士の学位に必要な条件に加え、より高度な専門性を身につけ、研究者として独創的な活動を展開できる能力を身につけていること。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

次の方針で教育課程を編成し、実施します。

1.博士課程前期

  • (1)学生の自律的研究を強化する目的で、授業は講義形式とともに、基本的に学生の積極的参加に基づくゼミナール形式を重視します。

  • (2)多様な内容と形態の授業をそろえ、入学当初から最高位のレベルを目指します。

  • (3)大学院生には研究指導を個別に受けることを保証し、各人のテーマに即して論文執筆の方法を指導します。

  • (4)カリキュラム編成の基本原理は、専門分野に関しては深く、関連分野に関しては広く知識を吸収することであり、そのため専攻間の垣根をできる限り低くすることにより、幅広い教養を身につけることを目指します。全研究科間での単位互換制度を導入しており、大学院生に大きな選択肢を与えています。

  • (5)授業は研究指導を含め、基本的にセメスター制とし、学生の興味関心に柔軟に対応するとともに、留学を容易にします。

  • (6)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員資格を取得する機会を与えます。さらに社会イノベーション研究科が提供する所定の授業を履修することにより、専門社会調査士の資格取得も可能にします。

2.博士課程後期

  • (1)学生の自律的研究を強化する目的で、授業は講義形式とともに、基本的に学生の積極的参加に基づくゼミナール形式を重視します。

  • (2)多様な内容と形態の授業をそろえ、自由で活発な議論を促し、発表能力の養成に努めます。

  • (3)大学院生には研究指導を個別に受けることを保証し、各人のテーマに即した博士論文執筆へと至る指導を行います。

  • (4)カリキュラム編成の基本原理は、専門分野に関しては深く、関連分野に関しては広く知識を吸収することであり、そのため専攻間の垣根をできる限り低くすることにより、幅広い教養を身につけることを目指します。全研究科間での単位互換制度を導入しており、大学院生に大きな選択肢を与えています。

  • (5)授業は研究指導を含め、基本的にセメスター制とし、学生の興味関心に柔軟に対応するとともに、留学を容易にします。

  • (6)教職課程および学芸員課程の履修を可能にし、教員免許および学芸員資格を取得する機会を与えます。さらに社会イノベーション研究科が提供する所定の授業を履修することにより、専門社会調査士の資格取得も可能にします。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

次の条件を満たす人材を入学者として求めます。

1.博士課程前期

  • (1)学術論文を執筆するための基礎学力、柔軟かつ批判的に思考する能力および自律的に研究する能力を有する人。

  • (2)文学研究科の学問について、旺盛な関心と探究心を有する人。

  • (3)自らの個性を自覚し、それを伸長させることに意欲的である人。

2.博士課程後期

博士課程前期への入学に必要な条件に加え、より高度で独創的な研究を遂行する素質に富み、その実現に熱意を持って取り組む人。

page top