NEWS

  • 2017.12.11

    「地域の魅力発信プロジェクト in 北区・ 大学のゼミ生によるプレゼン大会」で神田ゼミの学生が優秀賞を獲得しました

12月9日(土)午後、東京都北区の「地域の魅力発信プロジェクト in 北区・大学のゼミ生によるプレゼン大会」商業部門(テーマ:赤羽中央街商店街の魅力発信が開催され、経済学部経営学科神田範明ゼミ4年生の3名のチーム「RUCS」が見事に優秀賞(準優勝)を獲得しました。発表会は、10時から16時まで及ぶ長時間の大会で、都内、千葉県の7大学14チームが参加し、最優秀賞(優勝)は東洋大学経営学部のチーム、「漫画を用いた集客戦略」でした。

周囲に比べ来街者の低迷する北区赤羽中央街商店街の活性化の提案を模索すべく、RUCSの3名は夏休みを中心に計13回、多い時は週に3回も現地に足を運び、店の方々と親しくなって詳しい状況を探り、創出した多数の仮説案を基に成城大学の学生などにも商店街に関するアンケート調査を実施、神田ゼミ得意の分析技術を駆使して①AR技術導入による情報発信 ②大規模飲食イベントの開催 ③商店同士のコラボイベントの開催 ④どの店でも簡単に扱えるホームページの公開、の4提案を行い、楽しい動画とオリジナルに作成した商店街ホームページで紹介し、わずか10分間のプレゼンを締めくくりました。発表した4年生・井本君は一切原稿を見ることのない堂々たるプレゼンテーションを行いました(写真左・中央)。

写真右は表彰式でのスナップで、左から井本圭祐君、神田範明教授、北区長・花川與惣太(よそうた)氏、高橋篤史君、安藤亮君。

発表内容の一部を以下に動画で紹介します。

終了後、商店街のお世話になった2つの店にお礼の訪問を行い、心から祝福していただき、皆様の温かさに包まれた、幸せなひとときを過ごすことができました。

ご協力をいただいた北区中央街商店街及び北区産業振興課の関係者の方々に心より御礼申し上げます。

page top