NEWS

  • 2016.11.25

    ゲストスピーカーをお招きし、開発経済特別授業を実施しました

11月18・25日の二週にわたり、経済学部の授業「開発経済学II」で「国際協力とキャリアデザイン」をテーマとした特別講義が行われました。

開発経済特別授業

11月18日 
テーマ 「キャリアとしての国際協力」
講演者 渡辺 大樹 氏(NGO エクマットラ 顧問)
NGO エクマットラ


11月25日
テーマ 「開発途上国から見える21世紀の未来のキャリア」
講演者 菅谷 亮介 氏(NPO法人 very50 代表理事)
NPO法人 very50

この講義では国際協力・途上国支援を舞台に活躍する二人のゲストスピーカーをお招きし、現在のキャリアを選んだきっかけや途上国支援の活動内容について説明をしていただきました。この機会に、将来のキャリアデザインや自分の可能性についてこれまで以上にじっくり考えてくれることを期待しています。

講演者略歴

渡辺 大樹
1980年生まれ。バングラデシュNGOエクマットラ顧問。2002年、単身バングラデシュに渡る。翌年エクマットラを立ち上げ、ストリートチルドレンの支援活動を始める。
2010年 人間力大賞グランプリ・内閣府総理大臣奨励賞・外務大臣奨励賞受賞。

菅谷 亮介
1979年生まれ。デンソー、マッキンゼー・アンド・カンパニー(香港)などを経て、07年12月より中米やアジアにて、ビジネスで社会問題を解決する仕組みを研究すべく、各国の社会事業を中心とした様々なプロジェクトにBusiness Plannerとして参画。“教育“が全ての問題解決の基礎にあると感じて、08年6月にNPO法人 very50を創業。20、30代の日米の若者のビジネストレーニングをアジアの社会事業家の経営支援を通じて行うプロジェクト(MoG)をアジア10カ国37以上の企業で展開。
2010年 英国外務省British Council Climate change leader選出
2011年 インドネシアBinus University Guest lecturer 歴任
2013年 HAPA(Hawaii Asia Pacific Association) Japan Young Leader 選出

page top