NEWS

  • 2015.08.24

    週刊エコノミスト「学者に聞け!視点争点」(9/1号)に、成城大学経済学部 河口洋行教授の執筆記事(第3回/全6回)が掲載されました

週刊エコノミスト「学者に聞け!視点争点(9/1号:8/24発売)に、本学経済学部 河口洋行教授の執筆記事(第3回/全6回「需要予測に基づく病床数の削減は困難」が掲載されました。
この連載は、医療経済学をテーマに、全6回で約半年に渡って5週に一回のペースで連載されます。
ぜひご一読ください。


河口先生お気に入りの1号館裏庭にて

第1回「医療市場に存在する“情報の非対称性”」
(2015.6/16号:6/8発売)
~政府は病院・医師の評価に本腰を~

第2回「“医師不足”問題は存在しているのか」
(2015.7/21号:7/13発売)
~経済学的アプローチによる分析が必要~

第3回「需要予測に基づく病床数の削減は困難」
(2015.9/1号:8/24発売)
~急性期病床は規制解除が必要~

※次回のテーマは、「高齢者医療費」(予定)です。

page top