小川 紘実

いちょう並木を 歩いたときのワクワクした気持ちが成城大学入学の決め手になりました

小川 紘実(経済学科4年 東京都立小平南高校出身)

成城大学への入学を志望したきっかけは、高校2年生のときに来たオープンキャンパスです。いちょう並木がとにかく素敵で、歩くだけでワクワクした気持ちになりました。経済学部を選んだ決め手は、社会の仕組みをしっかりと知りたいと思ったことと、少人数で学べるゼミが、面白そうだと思ったことでした。

2年次から所属するゼミでは、貧困問題や福祉について学ぶゼミを選択しました。最初の説明会で先生が、「自分を表現する力を、一緒に身につけましょう」とおっしゃって、その言葉に心が揺さぶられました(笑)。ゼミでは、発表したり、意見を述べたりする機会が多いので、言葉で表現することの難しさと楽しさを感じることができています。

私は1年生の時にたまたまスカウトされ、モデルや女優の仕事を始めました。高校時代には想像もしていなかった華やかな世界での仕事と学業を、しっかり両立できたのも、温かくも厳しく見守ってくださった先生方のおかげです。成城大学での貴重な経験を糧に、今後もさまざまなことに挑戦したいと思っています。


page top