経済学科

学科紹介

市場を知って多面的な視点で問題解決する

経済と社会は密接な関係にあります。
そのため日々報じられるニュースも、経済学の学びの対象となります。
経済・社会の本質を理解することで、今の時代に合った実践力を養成します。

経済学科の特色

変動激しい経済社会の本質を理解し
時代に合った実践力を養う

専門性

広い視野で学ぶ魅力

理論・政策・歴史・社会問題といった広い視野で経済を学ぶことができます。1年生から様々な分野の経済学に触れて、より専門的な学びに進んでいくことができます。

実践力

実践を意識した授業

経済の最前線で活躍する専門家を招いて行われる講義があります。また、途上国経済や医療経済、中国経済史などの具体的なテーマに沿って勉強することができます。

基礎教育

じっくり基礎から学べる授業

1年生で初めて学ぶ経済学の授業は、講義だけでなく、少人数の演習クラスでじっくり学ぶことで経済学の基礎がしっかり身につきます。

こんなことが「学びのテーマ」

データ解析入門

経済学や経営学の習得に必要なデータ解析の考え方と手法を表計算ソフトのエクセルを用いて学習。実践的な演習課題を数多くこなします。

開発経済学

開発途上国における貧困問題や、その他の経済・社会問題を紹介しながら、問題が発生するメカニズムを経済理論とデータを用いて議論していきます。

経済学講義・演習

経済学の基礎的な概念や考え方を学び、現実の経済問題を理解する力を養います。前期はミクロ経済学を、後期はマクロ経済学の基礎を学びます。

4年間の修学ステップ

市場を取り巻く多彩なカリキュラムを用意。
経済学的思考を身につけ、実践力を養います

01少人数クラスにより経済学の基礎をじっくり学ぶ

1年生で初めて学ぶ経済学の授業は、講義だけでなく、少人数の演習クラスでじっくり学ぶことで経済学の基礎がしっかり身につきます。また、経済データを自ら読みとり分析できるよう1年次から基礎を学びます。

02「自由設計科目」を活用する
ことで、自由で幅の広い学びが可能

柔軟な思考力と豊かな感性を備えたバランスのとれた人間力を養えるよう自らの興味関心に応じて学べる「個性尊重」の建学の精神を反映した科目です。卒業要件単位数の約 4 割を占めるこの科目により専門科目をより深く、また他学科・他学部・全学共通教育科目などを幅広く学べます。

03専門ゼミナールを中心とした専門科目の履修により将来設計に応じた知識の修得を目指す

2年次以降は、専門科目の学習を通して、経済学の理論、応用と経済事情、経済史、社会政策の各分野での専門性を深めます。そこでは、経済学の最前線で活躍する専門家を招いての講義や、日本語だけでなく英語を通じて経済学を学ぶチャンスなどもあります。


取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭1種(社会)
  • 高等学校教諭1種
    (地理歴史・公民)

page top