相原ゼミ

「人的資源」のマネジメントの基礎研究

 このゼミナールでは、人や組織の「不思議」な振る舞いに着目し研究を進めています。人間行動に係る研究は、経営学や経済学以外の様々な領域での知見の蓄積があり、多様なアプローチがあることを踏まえ、本ゼミでは各学年に応じたステージを設定し進めています。2年次では、人間行動や企業行動の「不思議」現象の理解を深めていくための文献を熟読すると同時に方法論の基礎について主体的に学んでもらいます。
 年間を通してのスケジュールは、前期には、基本的なテキストを使用し、輪読形式によって当該分野の理解を深めていきます(いつでも発表できる準備が必要です)。後期は、前期の形式を採る一方、参加者には積極的に発表機会を設け、「自由」な議論を通じて、この分野の理解を深めてもらいます。また、終日ゼミを年間複数回行います。

経営学関連ゼミ履修モデル
(相原ゼミ)

page top