経営学科

教員紹介

福光 寛教授

ふくみつ ひろしHiroshi Fukumitsu

経済学部 / 経営学科
職位:
教授
専門分野:
証券市場・企業金融など金融分野の制度・政策と中国の経済発展過程の研究
担当ゼミナール:
財務管理論・証券市場論
主な担当科目:
証券市場論,財務管理論
最近の研究テーマ:
エクイティ・ファイナンス, 空売り規制, 金融排除, 金融と倫理, コーポレート・ガバナンス, 国債と金融政策, リスク・マネジメント, 中国の経済発展過程など
研究内容:
金融証券や企業財務, 経済発展プロセスの実証的検討
略歴:
1981年, 慶應義塾大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
国会図書館調査局,立命館大学を経て1998年より成城大学
主要業績:
近年の文献業績
・「中国の経済学者 馬寅初(マー・インチュ1882-1982)について」『社会イノベーション研究』
12巻1号2017年3月予定
・「鳥籠理論そして陳雲(チェン・ユン 1905-1995)について」『成城大学経済研究』214号2016年12月
・「中国経済の過去と現在-市場化に向けた議論の生成と展開-」『立命館経済学』64巻5号2016年3月
・「中国のシャドーバンクについて-郎咸平の議論に学ぶ-」『立教経済学研究』69巻3号
2016年1月
・「中国の銀行理財についての規制」『成城大学経済研究所研究報告』69号2015年1月
・「中国経済入門—『図解中国経済』を読む—」『成城大学経済研究』206号2014年11月
・「中国のシャドーバンクをどうとらえるか」『成城大学経済研究所研究報告』68号2014年11月
・「書評 代田純著『ユーロ不安とアベノミクスの限界』」『証券経済研究』87号 2014年9月
・「中国概念股の理論・歴史・現状」『成城大学経済研究』203号2014年1月
・「中国概念股の危機はなぜ生じたのか」『成城大学経済研究所研究報告』64号2013年7月
・「中国概念股の危機で見えてきた諸問題—上場手法としての反向収購reverse merger(RTO)」『成城大学経済研究』199号2013年1月
・「大震災に学ぶリスクマネジメント」『成城大学経済研究』198号2012年12月
・「戦略的デフォルトstrategic defaultについて」『成城大学経済研究』193号2011年7月
・「中国証券市場概覧 2008年-2009年」『成城大学経済研究』191号2011年1月
・「中国証券監督管理委員会「中国資本市場発展簡要回顧」について」『成城大学経済研究』
189号2010年7月
著書
・『ベーシック証券市場論』(高橋元共編著), 同文舘出版, 2004年.
・『コーポレート・ガバナンスの社会的視座』(井村進哉他共編著), 日本経済評論社, 2002年.
・『金融排除論』, 同文館出版, 2001年.
所属学会:
証券経済学会, 金融学会, 中国経済経営学会, 信用理論研究学会

page top