経営学科

教員紹介

相原 章教授

あいはら あきらAkira Aihara

経済学部 / 経営学科
職位:
教授
専門分野:
組織行動, 人的資源管理
担当ゼミナール:
経営学関連
主な担当科目:
人的資源論
最近の研究テーマ:
組織メンバーの態度・行動の「決定前提」に関する研究
研究内容:
院生の頃から、集団や組織のメンバー間の関係を規定したり、影響を与えている「もの」に興味・関心があります。これまで多くの説明が試みられていますが、最近は、メンバー間の関係それ自体が概念的に幾つかのタイプに大別できるという知見に依拠し、それらの存在の確認に加えて、集団や組織レベルでの有り様を実証的に明らかにする研究を進めています。前者の例を一つ挙げると、金銭的情報のやりとりがみられる関係と金銭的情報のやりとりがみられない関係を人為的につくりだすことができるのか、といった研究です。
略歴:
2001年3月まで、早稲田大学 商学部 助手
2001年4月より、成城大学
主要業績:
・相原章「「社会規範的」行動と「市場規範的」行動:弱参照点の効果」『成城大学 経済研究』成城大学経済学会、第210号、2015年12月、139-162頁。
・Akira Aihara 「Willingness to Work in the Acknowledged Condition Re-examined」『成城大学 経済研究』成城大学経済学会、第198号、2012年12月、91-109頁。
・Akira Aihara 「Consistent Motivation Re-examined」『成城大学 経済研究』成城大学経済学会、第187号、2010年3月、299-314頁。
・相原章・福田和久 「「壊れる会社」になる理由」『JMAマネジメントレビュー』日本能率協会、第14巻、第10号、2008年10月、49-53頁。
・齊藤毅憲・藁谷友紀・相原章 編著 『経営学のフロンティア』、 学文社、 2004年3月
・相原章 「組織メンバーの心理契約成立モデルの分析」『日本労務学会第30回全国大会研究報告論集—グローバルスタンダードと経営労務の諸問題』2000年7月、93-98頁。
・Akira Aihara, ‘Japanese Researchers’ Consciousness: A Study of the Psychological Contract Violation’, ASAC ‐ IFSAM 2000 Proceedings Human Resources Selected papers, vol.21, no.9, 2000, pp.167-175
所属学会:
Academy of Management、日本労務学会、組織学会、日本マネジメント学会など

page top