NEWS

  • 2016.02.16

    「これからの10年」 キャリアセンター主催 中3進路ガイダンス

 4月から成城大学への進学を予定している学園高校3年生を対象に行った「MAP HIGH」は大学で学ぶことについて考えてもらうキャリア形成支援の1つですが(2月9日(火)のNEWS参照)、高校進学を目前にした中学3年生にもキャリアサポートを行っています。2月10日(水)に大学の教室で進路ガイダンスを開催し、現役大学生4人が参加してパネルディスカッションを行いました。
 中学を卒業してからの10年というのは、高校、大学、就職と「激動」の時代であり、人生を左右する大きな時間とも言えるでしょう。まだ将来のビジョンが明確でない生徒が大多数であろうこの世代に、少しでも「将来をイメージする」ことを意識しながら、これからの高校生活を過ごしてほしいという願いがあります。参加した大学生は全員が学園高校出身。成城大学2人(文芸学部文化史学科1人、社会イノベーション学部政策イノベーション学科1人)、中央大学総合政策学部総合政策科1人、早稲田大学文学部心理学コース1人と大学ではそれぞれが異なる道を歩んでいます。進路をいつ・どのように決めたか、高校生活はどうだったか、大学では何を学び、どんな夢を持っているか。生き生きと語る先輩たちの姿を見て、生徒たちの胸に響くものがあったら嬉しいです。

  • ガイダンスはパネルディスカッション形式
    ガイダンスはパネルディスカッション形式

  • 生き生きと話す先輩の姿はまぶしかったかな?
    生き生きと話す先輩の姿はまぶしかったかな?

page top