大学間連携共同教育推進事業

「産学協働教育による主体的学修の確立と中核的・中堅職業人の育成」

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」に本学の推進事業が採択

平成24年度文部科学省が実施する「大学間連携共同教育推進事業」について、今回、本事業には、全国の大学等から153件(地域連携76件、分野連携77件)の申請があり、9月3日に、文部科学省より49件(地域連携25件、分野連携24件)の採択が公表され、本学を含む4大学の取り組みも採択されました。詳細は以下のとおりです。

代表校
連携校名
連携機関
にいがたインターンシップ推進協議会、一般社団法人新潟県経営者協会、東京経営者協会、京都経営者協会、経済産業省近畿経済産業局、経済産業省九州経済産業局、社団法人九州経済連合会

(内容)(申請書類より抜粋)
本取組は、産学協働教育を始点として学士課程教育の質的転換を図り、学生の主体的な学修を確立することを通じて、地域社会の発展を担う中核的・中堅職業人の育成を目指す。具体的には、連携校がこれまで培ってきた産学協働教育の実践に関する知見、実績を共有、融合させることにより、新たな社会体験と大学教育を融合するプログラムや長期型インターンシップ等を共同で開発し、学生が主体的に学び、考え、実践する力を培う。さらには、産学協働教育のプラットフォームとなる「産学協働人材育成ネットワーク」の設立及び専門人材の育成、教育効果評価システムの構築等により、恒常的な産学協働教育の推進・拡大を目指す。その過程においては、先進的に産学協働教育に取組んでいる諸外国の大学・機関等と連携・交流を推進し、国際標準のプログラム、教授法、枠組み(基準)等を積極的に取り入れ、我が国に適応した産学協働教育の質的向上に努めていく。

大学間連携共同教育推進事業


page top